ふたつの格安航空券にするシステムがある

飛行場で待機する人

ふたつの格安航空券にするシステムがある

JAL航空券やANA航空券といったフルサービスキャリアも、また激安で名を馳せているLCCも、どちらも格安航空券にすることができますが、そのシステムにおいて違いがあります。選ぶ航空会社によって、システムが異なっていることを知ることで、もっと安くすることが可能です。

2つのシステム

格安航空券にするシステムとして2つあります。ひとつは空席連動型。これは空いている席によって安くなります。基本的に予約が埋まらない便は安くなる傾向がありますが、その購入する時期を見定めることに経験が必要です。もうひとつが事前予約制になります。これは従来のフルサービスキャリアでの格安チケットにする方法と同じで、早めに予約をすることによって、LCCと同じくらいの料金にすることが可能です。

空席連動型が最も安くなるシーズンがある

空制連動型は安くなるシーズンがあることを知っておきましょう。よく飛行機が使われるシーズンというのは、年末年始、ゴールデン・シルバーウィーク、夏・冬休みとなります。それらを避けることで空席連動型は安くなる傾向がありますので、狙ってみると良いでしょう。梅雨時期や秋など意外と狙い目になります。

航空会社によっては季節限定のキャンペーンも

すべての航空会社とは言えませんが、季節限定のキャンペーンもあり、まるで特急列車を利用するような価格で飛行機が乗れることもあります。
航空会社にとってみれば、空席を埋めるためのキャンペーンになりますが、利用する側にとってみれば、これとないチャンスになりますので、
こちらも狙い目と言えるでしょう。

前もって予定が決まっている場合は早期予約を

事前予約制は、その期間が長ければそれだけ安くなるシステムになりますので、予定が決まっているのであれば利用する価値があると言えます。
ただし注意点も。基本キャンセルができないと考えてください。
キャンセル費用は航空チケット購入価格の40%ほど取られることもあり、払い戻しにもお金が掛かります。
キャンセルになると、何かと面倒になることから、揺るぎない予定を立ててから格安航空券を購入するようにしましょう。

自分に合った航空チケットを見つけよう

空席連動型であっても事前予約制であっても、自分に合った格安チケットの方法として選ぶようにしましょう。この2つのシステムは航空会社によっても異なりますので、自分にあった飛行機も見つけることにも繋がります。
そのような見方をすることでマイレージが貯まるカードを作って利用すれば、もっと利便性が高まるはずです。

Similar Posts: